快適な住環境の原点を切り開いてきたSHS工法。地球環境 に優しく人間に優しい本物の住宅をお造りします


 〜HOUSING CAPACITY〜
2/7




裏付けのある確かな性能の素材による住宅造り、
SHS工法は日本の高性能住宅のパイオニア。





   
住宅も性能や工法で選ぶ時代になりました。


 大切な住宅建築に失敗しない方法は、 住宅の性能に関する数値を確認しておかれることです。
SHS工法はそれが可能な工法です。






我が国の高性能住宅の歴史を築いてきた
SHS工法住宅。
住宅の性能は数値で表す時代です。
本物の住宅をお建てになるためにはしっかりとした性能数値を知っておく必要があります。
それが住宅の住まい方の基準となるからです。
従って次の数値を確認して下さい。



■知っておきたい住宅性能値。

●SHS工法の断熱性能基準。
q値=熱損失係数
※実際のSHS工法で建築された物件の性能データーについては、SHS施工店におたずね下さい。
SHS工法の標準値
地域別基準以下を保証

●相当隙間面積:C値
※これは気密測定機で測定して表します。建物床面積1m2当たりに相当する隙間の面積を測定するものでこれもまた地域区分によって数値が決まっています。数値が小さいほど隙間が少なく気密性能がよい住宅です。

●次世代省エネ基準の相当隙間面積基準値
T地域 U地域 V地域 W地域 X地域 Y地域
2.0
5.0

●SHS工法の相当隙間面積推奨基準値

気密性能 単位相当隙間面積(cm2/m2)

東北SHS会の推奨値 C=1.5以下





断熱材の熱抵抗値の基準値と必要な断熱材の種類と厚み(木造住宅の場合)
下記表において断熱材の欄中 A-1、A-2、B、C、D、Eはそれぞれ右記の断熱材を表します。


 


●各断熱材の区分
A-1=λ=0.052〜0.051
A−1 住吹込み用グラスウール GW−1 GW−2
吹込み用グラスウール 35K
シージングボード
A-2=λ=0.045〜0.041
A−2 住宅用グラスウール 10K
吹込み用グラスウール 25K
A級インシュレーションボード
B=λ=0.045〜0.041
B : 宅グラスウール
ビーズ法ポリスチレンフォーム 4号
ポリエチレンフォーム B種
タタミボード
C=λ=0.034〜0.026
C : 住宅グラスウール 24K相当、32K相当
高性能グラスウール 18K相当、24K相当
吹込み用グラスウール 30K相当、35K相当
住宅用ロックウール(マット・フェルト・ボード)
ビーズ法ポリスチレンフォーム 1号 2号 3号
押出法ポリスチレンフォーム 1種
ポリスチレンフォーム A種
吹込み用セルローズファイバー 25K
吹込み用セルローズファイバー 45K、55K
(接着剤併用)
フェノールフォーム保温板 2種1号
D=λ=0.034〜0.029
D : ビーズ法ポリスチレンフォーム特号
押し出し法ポリスチレンフォーム保温版2種b
フェノールフォーム1種、1号、2号2種2号


   
熱損失係数の求め方


■熱損失係数: q値=W/(m2・K)

住宅の内と外との温度差が1℃ある時、外壁・天井又は屋根・床などの構造躯体及び、窓などの開口部から失われる熱量を1時間当たりにつき床面積1m2あたりにあらわしたものです。数値が少ないほど熱損失が少ない住宅になります。

●熱損失係数Q値の求め方

q=(qR+qW+qF+qV)/(延べ床面積)
※qR=屋根・天井から逃げる熱qW=外壁・開口から逃げる熱qF=床から逃げる熱qV=換気で逃げる熱 延べ床面積と冬(最寒月)の建物内外の温度差と熱損失係数q値がわかれば、暖房負荷を算出することが出来、これによって暖房経費を算出することが出来ます。 

東北地方
 次世代省エネルギー基準地域区分図(T・U・V・W地域)

従来の省エネルギー基準で都道府県別に分類されていた地域区分では、一つの県の中でも気候が大きく異なることから、住宅に求められる省エネルギー性能との間に、ギャップが生じるところがありました。これを新しく県から市町村に分けることで、このギャップをできるだけ少なくしようとしたものです。このため、同一県内であっても市町村で地域区分が分類されています。


以下の市町村は、次世代消化根ルギー基準の県別区分にかかわらず、以下の地域に分類されています。

青森県U地域
以下の市町村は、・地域に分類されます。
七戸町、十和田湖町、田子町
以下の市町村は、・地域に分類されます。
青森市、深浦町、岩崎村
秋田県U地域
以下の市町村は、・地域に分類されます。
秋田市、能代市、本庄市、男鹿市、八森町、山本町、八竜町、峰浜村、昭和町、飯田川町、天王町、若美町、大潟村、雄和町、仁賀保町、金浦町、象潟町、矢島町、岩城町、由利町、西目町、鳥海町、大内町
岩手県U地域
以下の市町村は、・地域に分類されます。
葛巻町、岩手町、西根町、松尾村、湯田町、沢内村、山形村、安代町
以下の市町村は、・地域に分類されます。
宮古市、大船渡市、一関市、陸前高田市、釜石市、花泉町、平泉町、大東町、三陸町、田老町
宮城県V地域
以下の市町村は、・地域に分類されます。
栗駒町、一迫町、鶯沢町、花山村
山形県V地域
以下の市町村は、・地域に分類されます。
米沢市、新庄市、寒河江市、長井市、尾花沢市、、南陽市、河北町、西川町、朝日町、大江町、大石田町、金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川町、戸沢村、高畠町、川西町、小国町、白鷹町、飯豊町、朝日村
福島県V地域
以下の市町村は、・地域に分類されます。
喜多方市、大玉村、長沼町、天栄村、田島町、下郷町、舘岩村、檜枝岐村、伊南村、南郷村、只見町、熱塩加納村、北塩原村、山都町、西会津町、高郷村、磐梯町、猪苗代町、河東町、三島町、金山町、昭和村、矢吹町、大信村、平田村、小野町滝根町、大越町、常葉町、船引町、川内村、飯舘村、
以下の市町村は、・地域に分類されます。
いわき市、広野市、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町


2/7
   


 

Copyright © 2006 Aomori-shs. All Rights Reserved.