快適な住環境の原点を切り開いてきたSHS工法。地球環境 に優しく人間に優しい本物の住宅をお造りします


 〜CDIFFERENCE〜
3/7




SHS(外断熱)工法は、高性能住宅のパイオニア、究極の高断熱・高気密工法。



 
 高断熱・高気密・計画換気、SHS工法概念図




外断熱工法概念図



■なぜ、高気密が重要なのでしょうか?

 SHS工法の大きな特徴は、その確かな気密性能です。気密性能は、住宅の性能の善し悪しを計るバロメーターともなるものです。気密性能が悪い住宅とは、すき間が多い住宅のことで、当然そこから外気が侵入してくるので、冬は寒く夏暑い、外気と同じ住環境になってしまいます。さらに室内で発生した水蒸気が壁の中の断熱材で結露し、住宅を腐らせる重大な欠陥の原因を作ってしまいます。住宅は、気密性・断熱性・計画換気の三拍子が揃わなければ、何かしらの欠陥を引き起こしてしまいますが、特に計画換気を行う場合、気密性能が重要になってきます。断熱だけに力を入れた空気循環が少ないシェルターやマホービンの住宅のように、不快な暑さや息苦しさを感じる住宅にしないためには、住宅の中に適度な気流を作ることが必要です。このように室内の空気を計画的にコントロールするためには、気密性能が最も重要です。








■中断熱・中気密ではなぜダメなのか?

高気密にすると室内の空気質が汚れるから中気密の方がよいと主張する工務店もありますが、中断熱・中気密という考え方は、施工法として成り立ちません。壁の中に計画的にすき間は作れませんし、気密が悪い分どこからか漏気しているのですから、どうしても壁体内に結露が発生する危険があります。その結露部分にカビが生え、そのカビをエサにダニが発生し、その死骸やふん、カビの胞子が小児喘息やアトピー性皮膚炎のアレル源になる危険性があります。自然換気、つまり漏気で換気するよりも計画的な換気を行う方が確実な換気が出来、空気質の悪化から家族の健康を守る最大の手段になります。また、高断熱・高気密住宅だから、一年中締め切って生活しなければならないということでもありません。気候の良い時期には、窓を思いきり開けて生活し、そのかわり、いったん窓を閉めた時には、完全に密封状態になることが高性能住宅の条件になります。そのような確かな施工技術に自信の無い施工店が、中断熱・中気密などという理論的に不可能な事をいっているようです。「次世代省エネルギー基準」では、全国的に気密基準が明確に定められています。

青色部分は断熱材。小屋裏、基礎部分も全て断熱材で包まれ、内部結露の心配はありません。
赤色部分は気密・防湿層です。


●高気密にするとクーラーや計画換気の効率が高まります。


●外気に影響されない室内


室内の空気が侵入しないのでエネルギー効率が良くなり省エネルギーになる。

●換気もクーラー・暖房も 充分効く。

換気システムや冷暖房が性能通り働くので空気が清浄に保たれ、健康的な住環境が維持できる。



 
SHSが推奨する24時間計画換気システム

 
東北SHS会では、お客様の希望を取り入れ、住宅の形状等を考慮して、以下の二種類の計画換気装置を提案いたしております。 計画換気は、住宅にとっては最も重要な要素の一つです。
換気装置は、住宅の気密性能と密接な関係があります。気密性能が悪い住宅では十分な計画換気は行えません。

集中排気システム(第三種換気)

集中熱交換換気システム(第一種換気)


一般的な局所換気システム
左図は、一般的な局所換気の例です。このような換気装置は、換気量としては申し分ない換気方式ですが、壁に大きな穴をあけてしまうために、断熱・気密性能が不十分になってしまい、エネルギーの消費が大きい、夏暑く冬寒い住宅になってしまいます。


 
  SHS壁面施工概念図、断熱上面概念図、外断熱工法


SHS壁面施工概念図

●SHS断熱上面概要図

●温度と飽和水蒸気量の変化(外張り断熱の例)

 
 SHSの外張り断熱構造では、湿度の変化が主に構造材の外側で起こります。したがって万一、室内の暖かく湿った空気が外気側に漏れた場合でも、壁内で結露が起きる可能性は、極めて小さくなります。だから、SHSは、基本的に内部結露の心配が少ない断熱構造です。 更に、外張り工法は気密・防湿層の施工が非常に容易で現場での施工ミスが極めて少ない工法です。


 
 SHS2×4外断熱工法と2×4内断熱工法。


■2×4(ツーバイフォー)工法もSHS工法で可能です。

2×4工法が我が国に登場したのは、明治時代の西洋化の波とともに宣教師や外国人教師によって導入されたのが始まりです。2×4工法の由来は、数種類の規格化された構造用製材(ランバー)が6インチ×4インチの規格のものが最も多く使用されるからです。日本の正式名称は「枠組壁工法」、アメリカではプラットホーム・フレーム工法と呼ばれています。一般的な2×4工法がグラスウールの内断熱を採用しているのに対し、   工法では、外断熱工法を採用し、とかく結露の発生が多いと問題視されてきた2×4工法を我が国にマッチした工法に変えました。

■高気密でなければセントラルヒーティングは不可能です。


SHS工法では、暖房方式として床暖房・温水パネルヒーター等、輻射暖房とエアコンを主に推奨しています。これらの暖房方式は、開放型石油ストーブの様に室内空気を燃焼に使用しませんから、室内空気を汚すことなく、さらに火種がないので火災の危険もない安全な暖房方式です。これらの暖房方式は、住宅性能が高断熱・高気密性能を持って初めて省エネとなる暖房方式です。



3/7
   


 

Copyright © 2006 Aomori-shs. All Rights Reserved.