快適な住環境の原点を切り開いてきたSHS工法。地球環境 に優しく人間に優しい本物の住宅をお造りします


 〜SYSTEM

7/7



科学的な根拠と合理的な加工・施工システム。





 SHS工法ならば、オール電化住宅も可能です。


オール電化住宅は、空気質など室内環境を考えた場合に、最も健康的に暮らすことが出来る住宅です。しかも深夜電力によって、電気料が日中とは比較にならないほど安価に、給湯や暖房を行うことが出来るので、省エネルギ効果も高くなります。ただしオール電化を採用される場合には、住宅性能が最も重要になります。住宅性能が悪いと、逆に大量にエネルギーを消費する住宅になってしまうからです。オール電化を希望する場合には、高断熱・高気密性能で、信頼性の高いSHS工法をお勧め致します。暖房や給湯だけでは無く炊事にも電磁調理器など、裸火を使用しないオール電化住宅は、老後の安全を考えた場合にも効果的です。さらに、SHS工法の住宅は、外断熱工法を採用し、断熱・気密性能が保証されていますから住宅内の温度差が少なく、ヒートショック(温度差によるストレス)による脳卒中や心臓疾患等の成人病の発症を抑えてくれます。SHS工法のオール電化住宅は補修経費も少なく、冷暖房などの生活経費も少なくて済みますので、老後の生活を経済的にも圧迫する心配が少ない住宅になります。




 SHS工法の住宅は、全棟気密測定を義務づけています。


気密測定風景

気密測定報告書
一棟一棟、確実に実行される気密測定で、
住宅の性能が保障されます。

SHS工法では、住宅の一棟一棟に気密測定を義務づけ、完成した住宅には、その結果を添付して建て主に報告致します。断熱施工後の気密測定により、漏気部分を特定し、補修しますからSHS工法住宅は、科学的な数値に裏打ちされた確実な住宅性能が得られます。気密性能は、暖房・冷房時における室内温度環境ばかりではなく、壁の中に躯体構造にも影響を与える重要な性能です。気密測定は、住宅性能を高め、省エネルギーを実現させるために、最も重要な測定です。



7/7
   


 

Copyright © 2006 Aomori-shs. All Rights Reserved.